2013年12月14日土曜日

最近のグラフィックソフトのかっこいい新機能について(2)

パーティクル系も挙げておく。
このソフトは、パーティクルオブジェクトの原点(または特徴点)を2D平面上で操作できる。操作用ピボットからマウスアップすると、その時点から時間が進み始め、パーティクルが動き出す。正直この勝手に時間進むのが大変使い辛い。時間方向の編集ができると見た目はかっこいいが、よく設計されてないと使い辛い。

Invert Remove from sparta on Vimeo.

こちらは、パーティクルをスカルプトできるソフトである。シミュレーションで生成することが多いパーティクルに対して、空間方向の編集を手描きで行える画期的なソフトウェアである。こちらはスカルプトでの空間方向への操作であり、上のと比べて断然使いやすい。

やはり時間方向の編集は、現実の時間と同期が取れないので、使い辛いのかもしれない。 では現実の時間と同期を取った機能をつけたらどうなるだろうか

ここで満を持して、Blender登場である。 これがまさに現実の時間と同期を取った編集機能。 かっこいい。 こういうのってDTMでいう録音、あるいは録画機能に近い。 しかし、ペンインタフェースではないのがちょっと残念。

ユーザーの操作を録画するペンインタフェースのソフト。 といえば、2D方面では既にある。
noughts (録画型お絵かき掲示板)
http://noughts.jp/

これはユーザーの操作を録画するお絵かき掲示板である。 でも出来上がるものがあくまで2D絵なので、時間方向の機能の効果が薄い。 閲覧者に1枚の2D絵が出来上がる過程を見せることになるが、 結果だけ見れれば良い人が多い気がする。

このようなものをサーベイした上で作成中のソフトウェアCabbageは、 キャベツの作画崩壊シーンを作るために、
・時間方向への編集ができる
・空間方向への編集ができる
・3Dソフトである
・出来上がるものが画像1枚ではなく動画かシーケンシャルジオメトリである
といったことを全体にしてかっこいいソフトにしたい。

0 件のコメント: