2010年10月30日土曜日

blender - blender + octane render

GeForceなどNVIDIAのCUDA対応グラボがあると、

1ユーロいまなら111円くらいだから、12000円くらいでこれが出来ちゃいます

Blenderは無料だしね!




(設定は特に何もせず、ボタン1個押しただけ)


octane renderですが、
最初出たときは、アニメーションレンダリングできなかったんですが、
地味にバージョンアップを続け、バッチレンダリングが搭載、
さらにBlenderから直接レンダできるユーザスクリプトも出ています。

こんなに安くて大丈夫か?

2010年10月16日土曜日

blender - 何かのキャラ

2、3年前くらいに適当に作った顔に、subsurf lv1をappendして、
そこからひたすら地道に1つ1つ頂点をいじりまくって出来たミクの顔ですが、
ボーンで曲げるにしても、頂点多くて面倒な状態だったので、
リトポで元に戻しました。

リトポはBlender2.54βで初めて行ったのですが、
慣れていないので決行苦労して、最終的にアプリが落ちたので2.49bに切り戻し。

それから、どうにも微妙にイラッとする顔が出来たので、
どうしようかと思って放置してアニメを見まくった結果



何とか使えそうなキャラがいました。
まだ全然似てないですが、ボーンでほっぺた膨らませば少しは似そうな感じがします。

2010年10月11日月曜日

etc - 画像処理エンジニア検定

とかいうのを発見したので、受ける予定です。

http://www.cgarts.or.jp/kentei/index.html
・画像処理エンジニア検定 エキスパート
・CGエンジニア検定 エキスパート

に申し込んでみました。1つ5千円くらいです。
いきなり両方エキスパートに申し込んでみるテスト。


また、同じ協会が出している、試験対策本があるのですが、
凄い良くまとまっていて、超お勧めです。両方買っちゃいました。


ディジタル画像処理
http://www.amazon.co.jp/dp/4903474011

コンピュータグラフィックス
http://www.amazon.co.jp/dp/4903474003/


コンピュータグラフィクスのほうは式があんまり出てこないんですが、ディジタル画像処理のほうは、全然知らない用語と式がガンガン出てきます。
資格試験とか全くあてにならないと良く言われますが、
グラフィック分野の職では、かなり役に立ちそうな気がします。

参考に、過去問を少し解けるページがあるよみたいです


試験日は11月28日とのこと