2009年11月18日水曜日

etc - リアルタイム萌えキャラ3D

が、ほぼ終了のお知らせ(俺にとって)



MMDがDirectX9化して、DirectX9、10対応のゲームエンジンのフリー版が出始め、メタセコはDirectX9程度の頂点バッファ利用とシェーダを搭載し、Blenderは次期バージョンに全力失踪中。

このブログを始めた最初の日記は、らぶデス2のミクがBlenderに登場というもの(過去ログ参照、ただし画像は昔消した)で、あの6万ポリゴン程度のものを自分で作って、リアルタイムにソコソコの画質で30~60fpsでリアルタイムに思い通りに動かす、そんなものを目指していた。

で、この動画で、それら全部が大体達成されていると感じたので、そろそろあきらめて次のステップを目指そうと思う。※だだし、これ、Blenderでも出来るよ。

次期バージョンのBlender待ちながら、まずは何ヶ月か篭って、仕事でも役立ちそうな範囲の研究でもしようかな・・。まだ若いうちにGPUとかハード依存のものをやるのは勿体無い。しばらくは、アリのフェロモンだとか、コロニーだとか、そっち方面がんばろうかなー。あと並列プログラミングは必須か…。


そういえば、2.5でレイトレが速くなったらしいですね。あれいいですね。sculptも速くなっていそうな感じでいいですね。メインストリームでおいしいところは全部持っていかれるので、趣味でやるならぶっ飛んだことしないとアリ未満ですよね。

0 件のコメント: