2009年11月3日火曜日

blender - CompositeNode補間計画(2)

「画像を拡大してレンダリングしたあと縮小する」
確かにそうするとAAを掛けることができるが、問題は縮小の仕方である。

例えば、1024x768でAA無しで出力したものを、コンポジットノードのScaleノードで半分にしたところで、ゴミのようなAAにしかならない。(強制的にOSAの方法でGaussがかかる)

Blenderでは、FullSamplingするオプションがあるが、
FullSamplingでもいまいちである。

適当な実験用のものがなかったので、昔のを引っ張り出してきた。

Blenderから1024x768でAA無しで出力したものを、Paint.NETで半分にした画像


Blenderで、512x384でFullSampling(FSA) x 16でGauss


下は境界線は滑らかになったが、目とか口まわりが平滑化して潰れている。
Blenderで作ったトゥーンレンダがいつまで経っても、「あ、これBlenderで作ったトゥーンだ」と分かるのはこれが原因の1つであると思う。

というわけで続く

0 件のコメント: