2009年10月11日日曜日

blender - GLSLで視点を考慮した輪郭線

実装しました。
こういう数行書いて効果は絶大なやつはいいね。

近づいた時


ちょっと離れたとき


いっぱい離れたとき



いっぱい離れた状態で、カメラから離れて近寄ったとき

分かりやすいように、あえて少し太めにしていますが、1ピクセル以下の輪郭も出ます。

カメラを選択しているときのみ、発動するようにしました。
カメラを選択していないときは、従来通りの固定輪郭線になります。

なぜカメラ選択時かというと、GLSL表示でrender this windowするとき、カメラを選択していないと、どこかにオブジェクト中心の赤丸が表示されるので、それを防ぐ意味も含めてます。

0 件のコメント: