2009年9月5日土曜日

etc - 阿久女イク を購入したその後

話を1週間前に戻そう。

インフルになるのが怖くて、ひきこもっていた俺は、DL販売に手を出した。
そして、ついに買ってしまったのである。

阿久女イクを。(↑ハマるきっかけとなった神曲)

続いて作曲を試みた。

大学の頃は、ZOOM707(エフェクタ)と、DR-5(ドラムマシン)を、それぞれ2台ずつ所有して遊んでいたのだけど、全部実家に置いてきてしまったので、今ある楽器でやろうと思った。楽器、、そんなものは持って無いけど、どう考えても目の前にあるGPU付きミニノート(N10JC)は楽器である。

恐らく現在でも+1万くらいでタブレットPC化は出来る。GPU搭載でマルチタッチ可能なタブレットPCとかが出れば、CUDA使ってVSTiとかで、完全に楽器にしてしまえる可能性がある。

まぁ妄想はその辺りにしておいて、現実的に考えてみる。おそらくmax/mspがGPUに対応しそうな変態なアプリ(使用者含む)であるが、まだ対応してないようである。jitterという映像用の追加アプリのみshaderで対応している様子。Blender以上に変態で、3DもプログラミングもMIDIもオーディオも外部ハードも、複雑に絡めたシステムが作れるようなので、欲しいんだけど、5万は・・・結構キツイ。


そこで、ググったところ、なんとFL STUDIO 8($260)にSynthMakerとかいう、似たようなモジュラーが付いている模様。FL STUDIOは、本家でDL購入すると、死ぬまで永久にアップデート出来る権利が付いてくるらしい。ちなみに現在FLSTUDIO現行製品は8だけど、9月9日(4日後!)にFLSTUDIO9が発売予定のようだ。

さっそく体験版をN10JCにインスコしたけど、ASIO4ALL入れても全然ダメぽ。Atomじゃあさすがに非力だったか。でもこのASIOとかいうのが何とかなればOKなんしょ?ということで、再びヨドバシまで行ってUA-1Gを購入。11,800円なり。帰って繋いでみると全然音違い過ぎワロタwww今まで俺は何を聞いていたんだ…。


(↑FLSTUDIO8のDemoでもSynthMakerが試せる)

もう少し試して、いけるっ!と思い次第DL購入する予定。

0 件のコメント: