2009年9月23日水曜日

etc - IllustStudio等を使った雲テクスチャ編集

IllustStudioというお絵かきソフトが5000円ちょいで売ってるんだけど、
ベクターの線を消しゴムで消せたり、CUDAフィルタ使えたりと、なかなか変態である。

で、そのIllustStudioを入手したものの、結局絵を描かずにペンタブもろとも放置していたんだけど、最近アルファ付きのテクスチャを編集するのに凄い便利なことに気付いた。

アルファだけ水彩とかボカシ利いたツールで、塗り塗りと塗って、RGBは(255, 255, 255)にしたい!という要望もあっさり実現できる。

まずアルファを塗るにはここをクリックである。


次に、RGBを(255, 255, 255)にして、アルファのみ横のスライダーで変えて塗り塗りと塗る。


最後に、この状態のまま(用紙の目を開けちゃダメ)、PNGでRGBAで保存である


終了。


続いて、雲の写真を取ってきて、いい感じに白黒にしたとしよう。


こんなの。

これを、上で手描きで描いたのと、同じようなアルファ画像にしたいとする。


残念ながらIllustStudioにはそういう機能は無さそうなので、
アルファチャンネル抽出機

を使う。
この程度の処理ならプログラムさくっと描くのもありだが、世の中同じことを考えている人が10人はいるはずなので、探せばあるものである。

これを掛けたあと、アルファはちゃんと出るものの、RGB=(255, 255, 255)になっていない。気持ち悪いので何とかしたい。

そこで、「塗りつぶし詳細」で、透明度を変更せず、白で塗りつぶす。



これで、手書きのときと同じように、RGB=(255, 255, 255)となる。

0 件のコメント: