2009年4月21日火曜日

blender - GoogleSoC2009


http://www.blendernation.com/2009/04/21/blender-google-summer-of-code-2009/


>Title: Integration of OpenGL VBOs and vertex arrays for faster 3D Viewport rendering


3Dviewport全般の高速化を目指すというGoogleSoCの題目。

似たようなことやってたので、気になってます。

ちょっと前にGLSLMaterialsを高速化しようとして、とりあえずcdderivedmesh.cのcdDM_drawMappedFacesGLSLを適当にOpenGLのディスプレイリストで書き換えてみて、動くには動いたけど、うまく行かなかったので、あっさりやる気無くしました。

VBOsで書き換えるなら、シェーダスキニングを考慮していると思うけど、モデファイア系の処理をシェーダでやるのが、恐ろしく大変だと思う。ボーン、モーフはいけるとして(といって難しい)、物理演算とか結構内部で入り組んだ処理してるから、かなり頑張らないと、結局ビデオメモリに全頂点送ることになったりしそう・・・。

仮に完成したとして、そのviewportは、OpenGLの性能が激しく求められ、GLSLMaterialsモードみたいなグラボ依存になると思うので、どうせだから最初からGLSLMaterialsとして実装してくれないかなぁ~

0 件のコメント: