2008年7月27日日曜日

viewer - 進歩状況(2)

8/16(土)のぼやき

キー入力に苦戦。回るくらいはできるようになった。
video

一応、テンキー137(+Ctrl)、Shift-C、マウスM(またはL)、Shift-マウスM(またはL)、Ctrl-マウスM(またはL)、テンキーじゃないほうの1~9(+Shift)くらいが動くけど、テキトー実装なので、動作もテキトー。テンキー5でパース/正射影切り替えできるけど、現状パースだと深度テスト失敗(?)してキモいことになるので、現状正射影のみということで・・・。次いこ次。

今日の予定(優先度順)
・NLAのブレンド
・ShapeKeyのブレンド
・Layer切り替えアニメーション
・出来て無くても公開。
(エクスポーター:ソースも公開。GPL汚染。
 コンバーター:ソースも公開。著作権は放棄しないけど改造その他ご自由に。
 ビューワー:しばらくはソース非公開。)
・カメラ位置修正
・ランプ位置修正
・サンプル準備
・サポートとか無いけど、機能紹介ページ、解説用ページとかは多分作ります。

明日予定
・ドキュメント書き
・サークルカット作り

その次の日
・シナリオエディタにNLAとかShapeKeyとかモデル情報とか埋め込み

2008年7月26日土曜日

etc - 期待age



期待しまくり。シルエットすら勝てそうに無い。デザイナーって本当凄いな・・・。

etc - 第1回MMD杯予選開催

第1回MMD杯予選が開催された模様です。
MikuMikuDanceを使用した動画で、15秒以内の勝負だそうです。

http://www.nicovideo.jp/tag/第1回MMD杯予選

2008年7月25日金曜日

etc - TrueSpace7.6無償配布!!

マイクロソフトが3Dモデリングソフト「trueSpace」の無償配布を開始 Googleに対抗
http://web-marketing.zako.org/it-news/microsoft-makes-truespace-free.html


これは衝撃!!!!!!!!!!!!!!!!

あのtrueSpace7.6が無料に!!


trueSpace7.6リリース!ついにフリーに!


↑さっそくインストールした!


------------------------------------

まず、ダウンロード方法。


trueSpace7, Introduction
http://www.caligari.com/Products/trueSpace/tS75/brochure/intro.asp?Cate=BIntro

こちらのページの、上部にある、『DOWNLOAD NOW』を押して、始めてなら、『SignUpNow』を押します。
国籍、住所、氏名、年齢、電話番号など、お決まりのを英語で入力し、ユーザー登録(*無料です)すると、



ThankYou・・・ってこっちがサンキューですよ!!

------------------------------------

TrueSpaceとは、知る人ぞ知る3Dソフトで、一時期日本版も発売されていました。

その昔、DirectX7くらいの時代に全盛期で、Xファイルを吐いてくれるので、ゲームプログラマご用達だった気がします。

当時の俺は、

パソコンがある→フリーソフトのゲームおもろい→ゲーム作りたい→DirectXで作れるらしい→EL(EasyLinkLibrary)っていうライブラリが良さそう→サンプルのモデルデータはTrueSpaceで作られているらしい→TrueSpace定価4万→無理。

という感じでした。


それから月日は経ち、日本語版が発売中止になりました。

そんな中、ekakiyaさんとかの凄い映像見て、Blenderと出会いました。(さらに、らぶデスなどで、来るべき「萌えキャラがグリグリ動く時代」を感じ、どこをどう間違えたのか、萌えキャラのモデリングに勤しむようになりました。)

そんな中、ふとTrueSpaceのことを思い出し、ヤフオクで見たら、TrueSpace4.0proが破格で売られていたので、買いました。(数ヶ月前のことです)



今の感想



買うんじゃなかったぁぁぁあぁぁ!!!!!!1


----------------------




リアルタイムレンダリングも出来るらしい・・・。
Blenderで必死にリアルタイムを追い求めてたので、少し凹む・・・。

でも、一通りヘルプ見たところ、Shaderは内蔵のみっぽくて、トゥーンとかは出来そうに無いし、ノードみたいなのも無さそう。どうなんだろ、、出来るのかな?

2008年7月23日水曜日

etc - ポニョ

ポニョがつまらないらしい。まだ見て無いので、今度見てみる予定。

ポニョというと、画面に大量にだんごのごとくあふれる、人面魚とか、ガチムチ兄貴の尻ドラムが(ニコ厨に)有名ですが、人面魚がかわいく無い、むしろキモい、と思う人が多いのではないでしょうか。


公式サイトのスクリーンショット。そう、こいつがポニョです。多分。


さて、こいつをinkscapeに持っていって、かわいくしようとしてみました。

・豊かな表情を抑えたまま、まなびメソッドで今風(?)に
頬染めでツンデレ
・あくまで。(ポニョって男だよね??)
(*追記) ポニョって女だったのか!!!!アッーーーーー!!!
・髪が平べったすぎるので、膨らませる
・中途半端に人面なので、眉毛も耳もつけて、とことん人面にする。

以上の処理を施した結果




ばーん!



・・・



やっぱり余りかわいく無いかもorz



なんかpixivで幼女化してるポニョを結構見かけたんで、ちょっと調べたところ、最後幼女化するのか・・。

2008年7月19日土曜日

blender - ゆっくりオリキャラ

コミケに向けて3Dサウンドノベル!とか言ったものの、やっぱ長門はマズイよなー。ハルヒの激闘とか、めっちゃクオリティ高いのに配布中止だし。ゲームは同人誌より厳しいっぽい。

ということで、安全路線で行こうということになったんですが、キャラについて非常に困っております。ボーカロイドとFLちゃんはOKらしいけど、初音ミクはともかく、FLStudioはそもそも持って無いしなー。

というわけで昨日、とある絵師にオリジナルキャラの使用許可をいただいたので、早速作ってみた。

こちら。



勝手にゆっくり風にしてみた。

・・・・。

似てねぇぇぇ!!!!1
絵師様すいません。

2008年7月18日金曜日

viewer - 進歩状況

viewer関係は、完成までこの日のに書き加えていく感じで書いていきます。。
誰の役にも立たない気がしますが、メモ代わりに・・。

・ShapeKey
個人的に、ある程度できるようになったら説明書読まずに突っ走るタイプなので、ShapeKeyはIPODriver使わずに手打ちでやってました。それで、以前その手打ちのShapeKeyのIPOを出力するようにしてたんですが、当然IPODriver使った場合、ShapeKeyのIPOには、まともな値が入っていません。IPODriver使用したものを普通のIPOに変換する方法ってないですかねー。(pythonスクリプトとかじゃなくて、普通の機能で。)少し見た感じ無さそうなので、次はコードの山から発掘を試みます・・・。

・NLA

アニメーションはド素人なのでNLAStripなるものを使ったことが無くて、3Dキャラクターアニメーション本を片手に、内部のデータ解析中です。こんなアイコン(画像)誰も押そうと思わないだろ、常識的に考えて・・・。

複数アニメーションの出力で、Actionを片っ端から全部出力すればいいじゃんと思ってましたが、Actionつーのには、対応するArmatureの情報が入ってないのです。だからあるArmatureで作ったActionを他の形も名前も全然違うArmatureにすんなり適用できたりします。なので、この方法は使えません。色々考えた結果、ArmatureからリンクされてるActionとNLAにリンクされてるActionのみ出力することに。


↑とりあえず出力した。ぱっと見、start/end、blendin/out、repeat、scaleくらいを何とかしないといけないっぽいな・・・。

7/19(土)
NLAのコンバートさくっと終了。以前と比べて、エクスポーターとコンバーターは割とすぐ出来るようになって、予想通り問題ドメインがビューワー自体に移ってきた。完成に近づいている良い傾向。

エクスポーターとコンバーターを分けたのも、一見遠回りに見えるけど、多分分けてなかったらここまで出来てないだろうな。アプリケーション単位でFacadeパターンしてる感じ。

7/20(日)

どーん。
テスト勉強で何も進まず。
worldのhorizonを背景になるようにしたりとか、メモリリーク直したりとか、細かい修正のみ。

7/22(火)
いい加減、片っ端からCtrl-Tで三角形に変換するのがウザくなってきたので、コンバーターで四角形を三角形に自動変換するようにした。

NLA、上の画像にあるように、アクションモードとNLAモードがある。つまり、1つ1つのアクションを全部出力してviewer側でブレンドする方法と、全部まとめて1つにしたブレンド済のものを出力する方法がある。
前者は、1つ1つ個別に再生できるけど、再生時にブレンドするが面倒。後者は、再生が楽で早いけど、個別再生が出来ないし、作り方によってはキーが結構増える。
エクスポーターで両方出力して、コンバーターでどの方法使うか選ぶのが最適解なのかな。どちらかというと、前者のほうが良さそうなので、とりあえず前者で行こうか。

7/24(木)
アクションモードの出力変換読込み再生いけた。ただ、再生時のブレンドとrepeatがまだ。
アクションモードでストリップを右クリックしたときの選択動作の解析が少し面倒だった。
普通に右クリックイベントが起こったときの関数呼び出すと、再描画が含まれて遅くなるから、うまく中身だけ反映させないといけなくて。
あと来週の火曜から夏休みなので、加速度上げていきたい。

2008年7月16日水曜日

blender - 初音ミク(10)


なにかあなたに届くのなら
何度でも何度だってー


パッケージずーっと見つめてるー


レイヤー切り替えのショートカット追加。相変わらず亀の速度で開発中。少し気合を入れるべくyoutubeに載せてみた。リンク先に行って、高画質で表示するを押すと、少し高画質になります!ムービーメーカーにぽいっとしただけの動画なのに…youtube凄い!

付けたい機能は山ほどありますが、そもそもViewerなんて作る気無かった分手抜きしていこうと思っております。(開発動機は、今までの苦労した時間。)完成はPV1号完成と同時ってことになりそうです。ちなみにAE持って無いです。

2008年7月15日火曜日

blender - 初音ミク(9)

肩のウェイトとかボーンとかが難しすぎる。


↑右手をこの状態から上に上げると若干破綻。


↑普通に上げるだけならいいんだけど、これにひねりが加わると雑巾絞ったみたいになって破綻。

B-Boneとかボーン分割とかで何とかなるんだろうけど、この辺で妥協しておこう・・・。

etc - レディヘビジュアライザ

CodeZine - GoogleとRadioheadがコラボレーション、新作PVをGoogleの専用サイトで公開
http://codezine.jp/a/article/aid/2815.aspx
公開されたのはRadioheadの最新アルバム「In Rainbows」に収録されている楽曲「House of Cards」のPV。このPVはカメラやライトを一切使わず、レーザー射出によるスキャニング技術を利用して街の景色や演奏シーンなどを3Dデータ化し、作成されている。

 Googleは、このPVやPVのメイキングムービーを閲覧できる専用ページ「RA DIOHEA_D / HOU SE OF_C ARDS」を公開しており、PVで使用したデータの無料ダウンロードも可能となっている。

 また、PVの映像をマウスコントロールにより自由に動かすことができるWebアプリケーションやiGoogle用のガジェットも併せて公開している。



RA DIOHEA_D / HOU SE OF_C ARDS
http://code.google.com/creative/radiohead/


-------------------------

というわけで、早速見てみたんですが、実験的ではあるけど、全然おもしろくねーって感想です。

aniboomに投稿されてるレディヘファンのアニメーションのほうが断然おもしろい。

2008年7月14日月曜日

viewer - Shader Binding

以前ちらっと書いてた、シェーダーの自動読込みですが、若干機能面で絞られるものの、何とか自由度高めのものが出来そうな予感がします。

まずはこちら、BlenderのEmptyにシェーダー名をずらずら書いて、Parentにオブジェクトを指定し、髪のオブジェクトがParentのEmptyに適当なキーを打っています。



DirectX側では、その名前のシェーダーをShaderフォルダの中から自動で読込み、アノテーションで記述されてるテクスチャも自動で読み込みます。使いそうなパラメーターはsharedにしています。また、キーにしたがってON/OFFします。

とか書いても何のことやら分からないと思うので、上記の設定で動かした動画。

video

シェーダーは、作ってた中から適当に適用して、
何も適用してない部分は固定機能パイプラインになってます。


これもうちょっと完成度上げたら、次はシェイプキー、その次は複数アニメーション、それから影と、めんどくさそうなのばかり残っています…。一体いつになったらPVは完成するのか、そしていつになったらリリースできるんだろうか…。試験終わったら、さっさと仕上げてボーマスに行ってみたいなぁ~。

2008年7月12日土曜日

blender - 初音ミク(8)

なんか色々いじりまくってたらカメラが操作不能になって元に戻らないのでプレビュー画像。
どうせDirectXに持っていくので、プレビューで必要十分だったりする。









あと黒いのも1体作るか・・・

2008年7月11日金曜日

etc - 3DCGからフルカラーの立体フィギュアを作成するサービス開始


マイコミジャーナル - 3DCGからフルカラーの立体フィギュアを作成するサービス開始
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/07/11/033/index.html

コストは出力する立体物の体積に依存する。高さ10.5センチのフィギュアを出力した場合の価格は約9,000円となる。対応するデータはobj、VRML、mqo


手の届く価格で、オリジナルフィギュアが作れそうですね!

viewer - ゆっくりした結果がこれだよ



相変わらず文字枠が汚くなるな。。
でもエンコとかメンドイからムービーメーカー。
なんかエンコ効果も相まって物凄く目つきが悪く見えてしまうなwww



------------------

高画質でアップロードできる動画サイト、「Stage6」が閉鎖してからしばらくですが、
同じく高画質のDivX形式の動画をアップロードできるサイトが出来ているようです。

Vreel
http://beta.vreel.net/


ちょっと見てみたところ、不安定すぎ・・・

-------------------

2008年7月10日木曜日

etc - Googleがソーシャル3D仮想空間を開発中

先日Google Protocol Bufferが発表されたばかりですが、3D仮想空間も開発中らしいです!

Lively by Google
http://www.lively.com/html/landing.html

ITmedia news - Google版Second Life? 3Dアバター作れる「Lively」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/09/news028.html


名前はライブリーでいいのかな??

一瞬「Livly(リヴリー)」かと思ったwww
↓ソネットとかがやってるオンライン育成ゲーム「Livly Island」
http://www.livly.com/

ドメイン名も1文字違い!!ややこしい!

-------------------------------------

セカンドハウスとか全然興味なかったんですが、今回はGoogleなので、とりあえず見てみようと思います。

↓やってみた





重い、キャラがキモい!、変な音楽が鳴っている、ということで、もう無理。動物とかクリーチャーでも、向こう特有のキモ要素が入っている限り、日本で受けることは無いと思う。

その点
ai sp@ce
http://ai-sp.jp/


とか
ITmedia news -「日本版のかわいい世界に」スクエニが仮想空間サービス、ニフティと提携
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/17/news086.html


とかのほうが、断然期待が持てる。


ちなみに、リヴリーはこんな感じ。

上のライブリーのと比較するまでも無く、こっちのほうがかわいい。


--------------------------------------

気づいたら、ここ1年で、すっかりGoogle厨になってしまいました。

今俺が毎日使ってるGoogleのサービスは以下のような感じです。

・iGoogle - Google厨の1日はiGoogleを開くことからはじまります(たぶん
・Google News - そしてGoogleNewsを見ることから1日が(ry
・Gmail - みんな当然使ってますよね。
・Google Reader - みんな当然使ってますよね。GoogleReaderに追加するスクリプトをブラウザのブックマークに仕込んでおくと、なお良し。
・Blogger - このブログです。使ってみると分かるけど、広告出ないし、ほぼ文句なしに使いやすい。
・Google Sites - WYSIWYGなWikiっぽいもので、非公開でも編集可能。MindTouchみたいな感じで便利すぎる!
・Google Analytics - サイト(ブログ含)のアクセス数とかがグラフになって、便利。株価みたいに表示されるので、詳細ではなく、全体を把握しやすい。
・Google Bookmark - Firefoxな人なら、プラグインで連動出来るらしいけど、今のところ自分はiGoogleにベタっと貼り付けてるだけ。
・Google Apps - 独自ドメインを使用し、GoogleSitesと併用してサイトの構築が可能、ユーザ認証をGoogleのシステムで出来、ドメイン名のメアドも100個くらい取得可能、ということで、当初「自サバから解放されるときが来たか!」と非常に期待していたんですが、、、独自ドメイン可能って言ってもCNAMEで飛ばすだけかよぉぉ!飛んだ後URLもろGoogleじゃん!となり、使えそうで余り使えてない。とはいえ、100人以下の零細企業とかだと、無料でメンテ不要な、セキュリティの高いグループウェアが手に入るようなものなので、非常においしいと思う。

他に、開発系では、GoogleAppEngineとか
オレの和訳にオマエが泣いた - Google App Engine
http://d.hatena.ne.jp/hamatsu1974/20080424/1208980226


GoogleChartAPIとか
AsialBlog - GoogleChartAPIをPHPから簡単に使うライブラリ「GoogChart」を使ってみた
http://blog.asial.co.jp/375


GoogleCodeとか
Google Code
http://code.google.com/intl/ja/


といった感じで、魅力的なサービスがいっぱいあります。

2008年7月8日火曜日

blender - Apricotプロジェクトのデモ!(2)

>GLSLのチューニングの問題だった様ですね。
>SVNのrev15471以降であれば、倍のフレームレートが出ると思います。


先日の日記にコメントをいただいたので、早速やってみました。




見えにくいけど、15~20fpsくらい出てます。

Apricotビルドのダウンロードはこちらから
http://www.graphicall.org/builds/index.php


デモのダウンロードはこちらから
Apricot: First playable demo available
http://www.blendernation.com/2008/07/03/apricot-first-playable-demo-available/


----------------------

ちなみに壁をかいくぐって、外の世界に落ちてしまうと、背景に何も無いので30fpsくらい出ました。

2008年7月7日月曜日

blender - Crystal Space

先日の日記で、Apricotのデモ遅えよ、と書いたんですが、ApricotってそもそもCrystal Spaceが実行環境らしいです。

そのCrystal Spaceのテストみたいなのを試しに実行してみたところ




結構早いです。

また、公式サイトに、
Apricot
http://apricot.blender.org/
Dariusz giving a short demo of Apricot powered by Crystal Space, coming soon!

と書いてあります。期待して待ちましょう!


で、結局Apricotプロジェクトって、そもそも何やってんの?と思ってログをあさったところ

http://apricot.blender.org/?p=162#more-162
Blender2Crystal (B2CS) it’s Blender plugin exporting geometry to Crystal Space and allows set the properties for CEL. Has own user interface with many properties and logic bricks, also allows to run game inside blender window. So whole game can be done without leaving Blender with underlaying CrystalSpace/Cel/Celstart (thats what we are doing).

ん?エクスポート?プラグイン?BlenderのウインドウでCrystalSpaceなゲームを動かす??
なんかめちゃくちゃ凄そうなんですけど。
しかも、自分のやってるのと少し被ってるような…。

そしてググる。

これか!!
blender2crystal plugin
・export, import and run content for the CrystalSpace 3d engine.
・edit game properties for CEL.
・create full scripting games using cel python or xml.


なんという壮大なプロジェクト。


これで1体5万ポリゴンくらいのトゥーンなモデルが数体動いてくれれば、文句なしでそっちのほう全力で使いたいんだけど、まだ出来てない以上、自分のやってるのを諦めたら負けかなと思ってる。


------

参考までに、俺のやつを同じサイズでVSYNC待ちを外すと、こんな感じです

約33000ポリ(テスト用に無駄に細かくしてる)のモデルで、2パス、アニメ付き


ほぼ負荷無しの状態

2008年7月6日日曜日

blender - 3DキャラクタアニメーションBlender

7月の第1週目の土日ということで、バーゲンに出かけてる人が多いかと思いますが、、自分は試験が3日後に迫ってきているので、通販で我慢です。。

服のほかにも色々買いました。Blender本もようやく購入。

3DキャラクタアニメーションBlender


まだ余り見てないですが、アニメーションに的を絞ってあり、解説も詳細で、今の自分にぴったりです。値段も妥当だと思います。大満足!

個人的には、むしろ1万円とかでもいいから、もっと分厚くてマニアックな解説書が欲しい。
もうBlenderほとんど関係なく、ひたすらノード使って画像処理の解説してるような本とか。

2008年7月5日土曜日

blender - Apricotプロジェクトのデモ!

Apricot: First playable demo available
http://www.blendernation.com/2008/07/03/apricot-first-playable-demo-available/



www.graphicall.orgからApricot-Branch revision 15389以上をダウンロードし
それで、上記リンク先のBlendファイルを読込み、キーボードの「p」を押すとプレイできます。

----------------



BlenderGE(GLSL+python)で、全てBlender上で組んであって、もう凄いとしか言いようが無いですが、
うちの環境では8~12fpsしか出てません><。

△6万ポリ程度なので、さすがにもうちょっと出て欲しい…。ボトルネックは何なんでしょうねー、Blenderか、GLSLか、はたまたPythonか・・・。

でも、起動は早くて、かなり感動。グラフィックスも、かなりキレイなので、今後に期待ですね!

俺も負けてはいられません!
製作期間が増えた分、シェイプキーとかランプとかシェーダーとか、行くとこまで行ってやりますよ。
現在ランプ実装中。