2008年12月3日水曜日

blender - MNRN(4)


(`・ω・´)

ほっぺたにボーン入れて、やっと似てきた
髪は、やはり頂点カラーだけだと、いまいちなので、ミクみたいにUV付けます。→一応付けた
あー時間がどんどん過ぎてゆく



実機画像。拡大するとエッジにボロがでまくる。
せめてみのりんだけでもさっさと完成させよう・・・。


こっちみんな

-----------------

FreeStyle統合版が出ていたので、早速MNRNでレンダリングテスト。

普通にテスト(Xparts:1, Yparts1, Boxに指定済、freeStyleは初期設定)
・約3万ポリゴンのデータ(freeStyle無し、2048x1536、AA無し で5秒)
800x600+AA無し→OK 4秒
800x600+FSAAx5→OK 12秒
800x600+FSAAx16→OK 35秒
1024x768+FSAAx5→OK 22秒
1024x768+FSAAx16→OK 1分
2048x1536+AA無し→OK 9秒
2048x1536+OSAx5→OK 23秒
2048x1536+OSAx16→Blenderごと落ちる
2048x1536+FSAx5→Blenderごと落ちる

・約20万ポリゴン
2048x1536+FSAAx16→Blenderごと落ちる
2048x1536+AA無し→Blenderごと落ちる


-------------------

というわけで、以前のスクリプトをまだ現役使用中。(DirectXで使ってる方法に一番近いので)
約20万ポリゴン+2056x1536+AA無し で15秒
約20万ポリゴン+2056x1536+FSAAx16 で3分30秒


顔だけsubsurf無しなので、ちょっと変かも。他はlv2

------------------

Blenderで作ったトゥーン調CGは、今のところ一目見ればBlender製だと分かる。
freeStyleを使ったものでも、「あ、これブレンダーだろうJK」と分かってしまう。何故か。
思うにAAの標準がGaussで、みんなそれ使ってるからじゃないのか?
と思ったので、比較画像。

標準のエッジ使用、PNG(OSAx5)


↑の目周辺を、補間無しで2倍に拡大したもの


トゥーンには、ガウスより猫部屋(いや、読み方違うか)のほうが良さそうだなー

0 件のコメント: