2008年11月11日火曜日

blender - 顔のUV展開

UV展開とやらをやってみた。
今までやってなかったんかい!はい、やってませんでした。

首を吊るときののロープをファスナーのようにした感じで(我ながら完璧な例えだ)、顔の後ろの見えない部分の辺を選択し、Ctrl-EでMark Seamして、U、unwrap、UV点移動。
この場合左右対称なので、UV点移動させるときに左右選択して、G-x,y/ S-x,yなどで、出来るだけ対照を維持したまま移動させ、Pでピン止め、unwarp、ピン止め、移動、unwrap、ピン止め…、を数回。

↓こんなのでいいんだろうか。


とりあえず上からこんな感じに。


目と眉は、マテリアル増やして、それを適用後、別にUV展開しなおす。と、こんな感じに。
(viewerで可能なリアルタイムレンダと同じくらいの品質に設定)

さすがに塗りが適当なので(というか塗ってない)、あんまり変わってないな・・


折角だからレンダリング。OSAx5で、リアルタイムじゃできない大きさで。
まだ服がヘボすな~

0 件のコメント: